女医

安心して分娩を迎えよう|順風満帆の将来を目指そう

骨粗鬆症を防ぐ栄養素

妊婦さん

骨を丈夫にできる

妊婦が摂取すべき栄要素はいくつかありますが、その中の一つにカルシウムが挙げられます。カルシウムは骨を丈夫に強くするのに欠かせませんが、胎児の成長を助けるだけではなく妊婦の体も骨粗鬆症から守ります。骨粗鬆症が起きるのは、カルシウム不足や加齢などの原因がありますが最もカルシウムの消費が大きくなるのは妊娠中の時になります。胎児を育てるのでそれだけでも栄養が取られることになりますが、出産にもエネルギーを使います。不足すると、年を取ってから骨粗鬆症になりやすくなるので妊婦のうちにしっかり摂取します。カルシウムを摂る際には、マグネシウムや亜鉛、リンなどの他のミネラルも一緒に摂るようにすると良いと言えます。

サプリでは摂らないこと

効率よく栄養素を摂取するにはサプリメントで摂る方が良い場合もありますが、カルシウムに関してはサプリメントでは摂らない方が良いです。カルシウムは摂り過ぎると高カルシウム血症を引き起こして吐き気や皮膚のかゆみ、便秘などの症状が出るようになり他のミネラルの吸収も妨げてしまいます。妊婦だからこそ、しっかりと栄養をとるべきでカルシウムを積極的に摂ることも大事ですがバランスが大事なので過剰摂取になりやすいサプリメントはなるべく控えて食品から摂るようにします。カルシウムが多く含まれている食品には、乾燥させたイワシやエビ、わかめやひじきなどがあるので少量ずつでも毎日の食卓にしっかり摂り入れていくことが大事です。